肩や腰の痛みを改善するには整骨院と病院どっちがいい?

肩や腰の痛みを改善できる場所として整骨院や病院があります。でも、「実際のところどっちがいいの?」と疑問を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、肩や腰の痛みを改善したい場合、整骨院と病院どっちを利用した方がいいのかをご紹介していきたいと思います。

整骨院と病院の違い

整骨院と病院どちらを利用すればいいのかを考える上で、整骨院と病院の違いを知っておくことはプラスになるはずです。そこで、まずはここで2つの違いをご説明します。

・整骨院
病院との違いは「主に手技を用いて施術を行なうこと」「投薬やレントゲン検査ができないこと」「医師ではなく柔道整復師が施術を行なうこと」などにあります。また、施術内容によっては、治療行為とは認められないことも多い傾向にあります。そのため、「治癒」と言うよりは症状の「緩和」を目指すことを目的としていると言われることが多いようです。

・病院
一方病院では、当然ですが医師免許を持っている人が治療を行ないます。そのため、投薬やレントゲン検査はもちろん、手術といった整骨院では認められていない治療行為を行なうこともできます。整骨院とは違い、「治癒を目的としているところである」と言われることが多い場所です。

ちなみに整骨院では、骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷の治療を行なうことができますが、骨折と脱臼に関しては、医師の同意が必要になります。

整骨院と病院どっちの方がいい?

では、実際に肩や腰の痛みを改善するには整骨院と病院、どちらの方がいいのでしょうか。これを一概に言うことはできませんが、それを決める上で重要なのは、まずは痛みの原因を知ることです。何がきっかけで痛みが起きるようになったのかを知ることで、整骨院か、病院かの判断をしやすくなります。

たとえば交通事故の場合、自覚症状がなくても、肩や腰に相当なダメージを受けている可能性があります。そのため、まずはレントゲンを撮るなどする必要があります。つまり、整骨院ではなく病院の方が良いと言うことができます。

一方、たとえば「骨盤の歪み」や「目の使い過ぎによる肩コリ」が痛みの原因であれば、基本的にレントゲンを撮る必要はありません。そのため、整骨院で柔道整復師の手技による施術を受けた方が効果を期待できるかもしれません。実際、病院で改善しなかったのに整骨院で改善できたという報告も数多くなされています。

まとめ

整骨院と病院、どちらを利用すればいいのか迷った際は、まずはその痛みが起こった原因を知ることが大切になります。その上で整骨院か、病院かを判断するといいでしょう。ぜひ、これらのことを参考にし、自分に合った治療院を選ぶようにしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です