痛みの原因は代償動作にあり!?代償動作を徹底調査!

日常生活を行なう上で起こる「体の痛み」。首や肩、腰など、一度痛みが出たら中々引かず、毎日が辛くなりますよね。実はその原因は「代償動作」にあるかもしれません。そこで今回の記事では、代償動作と痛みの原因の関係性についてご紹介します。

代償動作とは?

あなたは代償動作という言葉を聞いたことありますか?代償動作を簡単にご説明しますと、本来動かなければならない部位の代わりに、他の部位が動作を行なうことを指します。

たとえば、ボールを投げる際、通常なら腕と肩を連動させて動作を行ないますよね。しかし、肩がスムーズに回らなくなると、肩を庇うように腕だけで投げるようになってしまいます。これが代償動作です。

次では、そんな代償動作が痛みにつながる理由をご紹介していきたいと思います。

代償動作が痛みにつながる理由

では、代償動作と痛みの関係性とはどのようなものなのでしょうか。一般的には、代償動作を繰り返すと痛みにつながると言われています。それは、一つの部位に負担をかける回数が頻繁になるからです。

たとえば、肩を庇うように腕だけを使って球を投げ続けているとどうなると思いますか?腕全体に疲労がたまっていきますよね。そして、その回数が多くなればなるほど疲労がたまり続け、腕を故障する可能性も増えていきますよね。また、もしかしたら腕だけでなく肘のケガにもつながることもありえます。

こうした理由により、代償動作は痛みを発症する原因の一つとして考えられています。

代償動作を防ぐ方法とは
痛みを引き起こす原因の一つである代償動作は、あらかじめ動作に注意を向けておくことで防ぐことができます。

たとえば、ボールを投げる際に腕だけでなく肩を動かすことを意識すれば、一つの部位に負担をかけすぎないで済みます。このような細かい部分に気をつけるようにすれば、代償動作にならずに動作を行なうことができるでしょう。

まとめ

代償動作は、ある部位を他の部位が庇うことを指します。最近では、この動作を続けることが、ケガや痛みにつながると数多く報告もなされています。そのため、あなたが今感じている痛みは、代償動作を行なっていることが原因の一つかもしれません。

そんな代償動作は、日頃から自分の動作に注意を向けておくことで防ぐことができます。痛みの原因を知っておくことは、整骨院や整体で施術を受ける際にも役立ちますので、ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です