整骨院って健康保険を使えるの?

肩こりや腰痛、関節痛の改善に大きな効果を期待できるのが整骨院ですよね。でも、中には「健康保険は使えるの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるはずです。そこで今回は、整骨院で健康保険を使えるのかどうかをまとめていきたいと思います。

整骨院で健康保険を使うことはできる?

結論からお話しすると、整骨院では健康保険を使うことができます。しかし、その範囲は限定的で、一般的に柔整施術で骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷(筋・腱・靭帯の損傷もふくむ)の5つ、鍼灸施術で神経痛、腰痛、リウマチ、五十肩、頸腕症候群(首から肩、腕にかけてのシビレなど)、頸椎捻挫後遺症(むちうち症など)の6つに絞られています。

また、健康保険を使うためには院長の確認やチェックが必要になり、柔整施術の骨折と脱臼は医師の「同意」、鍼灸施術に関してはすべての症状で医師の「同意書」が必要になると言われています。そのため、整骨院で保険を使うことはできるが、誰もが簡単に適用されるわけではないようです。

どれくらい負担してもらえるの?

病院では、医療費の負担は3割で済みますよね?しかし、整骨院ではどうなのでしょうか。実は、整骨院では病院と同じ支払い方法が取られています。そのため、保険を使うと費用は3割負担で済みます。

健康保険を使う際の注意点
整骨院では、病院と同様に3割負担で治療をしてもらうことができます。しかし一方で、整骨院の中には理由が曖昧にもかかわらず、健康保険の申請を行なっているところもあると言われています。一部の健康保険では、整骨院の利用者に電話をかけ、「どんな症状があり治療を受けたのか」ということを聞いてくるところもあると言われています。

もし、申請内容が適正でないと判断されると、医療費を全額払わなければならない可能性も出てくるかもしれません。そうならないように、保険を使う際は、自分の状態が健康保険の適用内であることをしっかり認識しておくことが大切になります。

まとめ

整骨院では、健康保険を使うことができます。しかし、その範囲は限定的で、誰もが簡単に適用されるわけではありませんので注意しておきましょう。もし、保険が適用できるかどうかを確認したい場合は、かかりつけの整骨院でも、気になっている整骨院でもいいので、しっかり確認しておくといいでしょう。ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしながら、辛い症状の改善を目指していきましょうね。